新・自動売買システム開発記
オリジナル開発のトレード理論を公開した別冊宝島『デイトレーダー徳山秀樹式 月100万が自然と稼げる!株の完全自動売買』で紹介している主力の自動売買プログラムによるデイトレードシステムの改良版開発記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[] 本日の作業(8/26) 15:10

今日から実質的な復帰。1週間ぶりということでスタート前はちょっと「怖い」という感覚を持ったが、始まってしまえばいつものペースで淡々とトレードすることが出来た。やはりこのスタイルが自分に合っているのだろう。自動仕掛けは不調だったものの、手動や即決・待伏系で補うことでようやく累積利益グラフを上向きに戻すことが出来た。昨日書いた無人化の目標がまだ遠いものであることを実感することに。

[] 本日の作業(8/26) 18:45

順張りJ作戦について仕掛け時刻を固定せずに、ある程度の幅をもたせてその間で随時自動仕掛けるようにするようにプログラムを変更して早速オンラインテスト実施。とりあえず9:30~11:00までと設定したのだが、9:30を過ぎて早速シグナルが出たものの同一銘柄でのシグナルを連発してしまい、あえなく強制終了に。既に仕掛けた銘柄かどうかをチェックする作業を忘れていたので追加して再開したが、この間の中断もあり抽出されたのは3銘柄にとどまった。

[] G作戦 21:30

後場限定トレードのG作戦については、無人くんから即決くん扱いにすると書いたばかりであるが、待伏くん扱いもあることを忘れていた。本日はこちらから自動選定で3銘柄発注して、運良くすべて約定した。約定すれば平均利益率は悪くないので助かる。無人くん→即決くん→待伏くんの優先順位で一定水準の仕掛け量を毎日確保するイメージを描いている。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chieru.blog23.fc2.com/tb.php/8-31c2e204
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。