新・自動売買システム開発記
オリジナル開発のトレード理論を公開した別冊宝島『デイトレーダー徳山秀樹式 月100万が自然と稼げる!株の完全自動売買』で紹介している主力の自動売買プログラムによるデイトレードシステムの改良版開発記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【重要】現状を踏まえた新システムのコンセプト検討
ライブドア・ショックなどで株式市場が大きく変動する中でそれなりの利益をあげることが出来たが、それも落ち着いてきた。それを通じて現行システムの長所・短所などが明らかになってきたので、それをベースに新システムのコンセプトを再検討してみたい。

無人くん
高ければ売り、安ければ買い、という典型的な逆張り型デイトレード。このため1日の相場展開としては、寄り天または寄り底が最も有効であり、逆に一直線の展開は不利。

また売り建ても買い建ても正反対の条件で仕掛け・決済をするルールであるが、成績は売り建ての方が劣る。これは「買いが買いを呼ぶ」パターンが売りに比べて多いためと推測。

即決くん
無人くんの短所を補うために開発した順張り型デイトレードで、無人くんの裏をついてきた銘柄を狙うルール。

したがって一直線の相場展開で効果を発揮するが、途中で反転してしまう相場は不利。大まかなコンセプトはいいと思うが、自動売買での利用を前提とするため細かい条件設定で四苦八苦している状況。

新システム案
基本的に全体相場の流れに逆らわない向きで、勢いのついた銘柄に乗りたいと考えている。つまり即決くんに近いコンセプト。乗るポイントをどの位置に設定するかという点と、トレンド判定を具体的にどうするかという点で悩んでいる。これらを具体化するのが急務。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chieru.blog23.fc2.com/tb.php/47-824a5c33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ライブドア・ショック前後から好調であった成績もややトーンダウンしてきた。その間の相場展開を踏まえて現行の無人くん・即決くんの長所&短所を分析して今後の新システム開発に役立てる試みをしてみた。・・・新・自動売買システム開発記 自動売買システムでの利用が前提
2006/01/28(土) 11:11:17 | 徳山秀樹の日記(個別株自動売買システム開発・運用記)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。