新・自動売買システム開発記
オリジナル開発のトレード理論を公開した別冊宝島『デイトレーダー徳山秀樹式 月100万が自然と稼げる!株の完全自動売買』で紹介している主力の自動売買プログラムによるデイトレードシステムの改良版開発記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年の目標
新年はいつも1年間の目標を考えることにしているのですが、昨年は数年ぶりに引き上げた利益目標額を達成することが出来ました。特に後半は株式市場の激動にうまく対応できたことで、利益が急増して目標値が低く感じられるほどでした。

もともと2009年は下限1日10万円(200万円/月)、上限1日15万円(300万円/月)に目標アップしていこうと考えていたのですが、昨年ラスト3ヶ月の実績はそれを上回るペースとなっています。株式市場の激震という特殊要素があったとはいえ、あまり楽に達成できそうな目標もどうかと思い、考えた末に目標額をさらに引き上げることを決心しました。2009年は下限1日15万円(300万円/月)、上限1日20万円(400万円/月)の利益目標に挑戦しようと思います。

現状では非常に厳しい数字で市場の動向次第という感じですが、年単位でみれば2008年は前年比で利益倍増という結果だったので、今年も上限目標を達成すれば年間約5000万円となってさらに倍増のペースが続き、そのペースなら来年は1億円がみえてくるという非常に夢のあるストーリーが出来ます。

投資スタイルは昨年と同様で、1泊2日のスイングトレード(買い専門オーバーナイト)をメインにそれをミニ先物でヘッジ、さらに荒れた相場展開を中心としたデイトレードを織り込んだ短期限定の割り切り型を継続していきます。昨年は外国株に手を広げることも模索しましたが、現在の不透明な環境では実績のある日本株一本で勝負すべきと判断しています。

運用資金は現時点で複数の証券会社に分散している総額約2000万円を起点にしたいと思います。これだけで信用枠は約6000万円となるものの、まったく使い切れないというのが現状です。この課題(増大する運用資金への対応)をいかにクリアするかが目標達成のポイントだと考えており、引き続きブログでフォローアップすることで自分自身で尻を叩いていくつもりです。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chieru.blog23.fc2.com/tb.php/228-9b37c35e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。