新・自動売買システム開発記
オリジナル開発のトレード理論を公開した別冊宝島『デイトレーダー徳山秀樹式 月100万が自然と稼げる!株の完全自動売買』で紹介している主力の自動売買プログラムによるデイトレードシステムの改良版開発記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
個別株自動売買システム開発記
週末は多忙だったがちょっとしたアイデアからブレークスルーがあって、当面それを優先的に取り組んでいくことにした。

それは手動発注の自動化。これまで手動発注は指値を入れて待ち伏せすることが多く、相場の変動が大きいときはかなり引っかかるのだが、動きが小さいときには殆ど空振りに終わってしまうことが少なくなく、先日も僅か1銘柄の約定ということがあってなかなか安定しないのが悩みであった。

これを避けるために手動発注する代わりに、その銘柄をExcelに登録しておき時間が来たらまとめて自動発注するアイデアを思いついた。この時点で条件を満たさない銘柄は発注対象から外してしまうので、信用枠を無駄に使うことも避けることが可能となる。

とりあえず限られた時間でプログラムを作成してみた。明日から動かして不具合を修正しながら速やかに実用化を目指したい。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chieru.blog23.fc2.com/tb.php/196-2715e7d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
新・自動売買システム開発記に書いたように、週末にひらめいた手動発注の自動化というアイデアを早速実行に移してみた。こうした新しい試みはたいてい最初は失敗して修正をしながら徐々に習熟していくので、本日の手動仕掛けは全滅も覚悟していたが、幸いにも登録した銘柄
2007/03/12(月) 11:00:38 | 徳山秀樹の日記(個別株自動売買システム開発・運用記)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。