新・自動売買システム開発記
オリジナル開発のトレード理論を公開した別冊宝島『デイトレーダー徳山秀樹式 月100万が自然と稼げる!株の完全自動売買』で紹介している主力の自動売買プログラムによるデイトレードシステムの改良版開発記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[] 本日の作業(9/5) 15:15

週末に予定していた銘柄入れ替え等のメンテナンス作業は時間がとれずに実施出来ず。やや不本意な気持ちで週明けを迎えた。NYが小幅な動きで引け、今夜も休場ということで寄りの動きは鈍く、仕掛け状況は引き続きよくない。手動仕掛け分でなんとか凌いで、即決くんにつなぐかたちとなった。

[] 本日の作業(9/5) 18:00

順張りJ作戦は引き続き好調。本日は9:30の仕掛け開始時刻と同時に数銘柄の自動仕掛けに入った。随時実行方式にしてから複数銘柄の仕掛けというのは十分に想定していなかったのだが、なんとか動いていた模様。その後もシグナルが多く、合計10銘柄に出て9銘柄が約定し、1銘柄には動きが速すぎて逃げられた。現時点で自動仕掛けには5~10秒程度かかっているはずで、まだ時間短縮までは念頭になかったがそろそろ検討を再開した方がよさそう。
特記事項としては、ある銘柄の買い約定の妥当性を確認した際に板状況を見てしまい、売り板のあまりの厚さにビビってすぐに反対売買してしまった点。結局この銘柄はこの厚い板を突破してさらに高く引けたので、まったく無駄な行為であった。通常見ている逆張りの動きとは異なることを実感し、仕掛け後は値動きを一切見ないで引けで決済するという乱暴なルールを継続する決意を新たにした。
また別の銘柄で買い仕掛けの直後に同様に板状況を見たところ、こちらは数分も経たないうちにストップ高目前まで上げている。オーバーナイトのルール化はしてないので、一瞬迷った末にストップ高で売り注文を出したところあっさり売れた。引けでは少し下げたのでラッキーであったが、こうした動きの銘柄を自動でとらえるとは大したものだと感心した。当初はまぐれだと思っていたが、これだけ好成績が続くと意外と期待できるのではないかと考え始めている。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chieru.blog23.fc2.com/tb.php/18-afc678ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。