新・自動売買システム開発記
オリジナル開発のトレード理論を公開した別冊宝島『デイトレーダー徳山秀樹式 月100万が自然と稼げる!株の完全自動売買』で紹介している主力の自動売買プログラムによるデイトレードシステムの改良版開発記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新たなトレード法に挑戦
さらなる飛躍を目指し、10月より以下の内容で新たな投資法を実験的に導入していくこととした。

目的・・・資金の有効活用および拡大戦略
スイングトレードが高いパフォーマンスを続ける中で同戦略を担うクリック証券・岡三オンライン証券の口座残高増により信用枠が増えており、同じくスイングトレード専門であったコスモ証券の出番がなくなっている。これを有効活用するとともに、ここで得られた利益を再投資に回す試みで1銘柄あたりの投資額を徐々に増やしていく。

概要・・・現行スイングトレード法をベース
よりシンプルに大引け仕掛け、翌寄り決済で実施。仕掛ける銘柄およびタイミングは全体相場を見ながら裁量で。

投資額・・・信用枠300万円でスタート
現在コスモ証券にある長期保有の現物株+若干の現金を合わせた120万円相当を活用。委託保証金率40%にて信用枠300万円。最大3銘柄同時仕掛けを念頭に1銘柄あたりの投資額は100万円で開始。

利益目標・・・平均決済利益率1%
1銘柄あたり投資額は100万円で平均決済利益率1%の1万円が目標。月間売買回数50回まで10500円というコスモ証券の手数料体系(マンスリー50回コース)を利用しているので、その枠内で月間25銘柄で25万円粗利益がスタート時の目標となる。

長期目標・・・利益を再投資に回して資金増
利益を再投資に回すことで計算上は1年後に8~10倍にも達することになるが、あまり現実的でないのでその半分の4~5倍程度を目指したい。それに伴い100万円でスタートする1銘柄あたりの投資額も数倍になるので、それに耐えうる銘柄選択がポイントになりそう。但し必要に応じて月間売買回数100回まで21000円というマンスリー100回コースへの変更も考えておく。

当面は試行錯誤を続けていくことになるが、仕掛けや決済の数字については休止中の「無人売買システムで殖やす」ブログを活用して記録していきたい。

スポンサーサイト

テーマ:株自動売買ソフト開発 - ジャンル:株式・投資・マネー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。