新・自動売買システム開発記
オリジナル開発のトレード理論を公開した別冊宝島『デイトレーダー徳山秀樹式 月100万が自然と稼げる!株の完全自動売買』で紹介している主力の自動売買プログラムによるデイトレードシステムの改良版開発記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自動売買システム開発記(5/31)
昨晩のNYが大幅安だったので、カラ売りシステムを手動で発動してみた。2銘柄仕掛けていずれも利食いすることができたが、既存システムの監視で朝の忙しい時間帯に両立させるのは困難。よって仕掛けだけでなく、仕掛け後の監視(ストップロス)の自動化も必要と強く認識した。
スポンサーサイト

テーマ:株自動売買ソフト開発 - ジャンル:株式・投資・マネー

自動売買システム開発記(5/29)
スイング買いの再開とカラ売りシステムをセットで運用することを考えているが、週末にスイング買いの再開準備を実施。かつて実施していたデータ整理を再開しただけであり、現状は自動売買化とは無縁の状態。
損切り優先の設計が裏目に
今日の全体相場についてのコメントは楽天日記、デイトレについてのコメントははてなダイアリーに書いているが、後場の怒涛の上げにもかかわらず十分とることができなかった。

これは無人売買ブログに書いている通り、完全自動売買システムでは損切り優先の設計のため上げる前の昨日安値更新の過程で自動ロスカットに引っかかった銘柄が複数あったためである。

終値で決済していればプラスだったにもかかわらずロスカットとは気分が悪いが、大きな損失を回避するためにはやむを得ないと考えている。
自動売買システム開発記(5/22)
スイング買いの再開とカラ売りシステムをセットで運用することを考えているが、週末も具体的な進展はなし。可変プロジェクトやD強化プロジェクトなど、既存システムを補完するツールは順調に活用しており、早くも重宝している。
自動売買システム開発記(5/18)
スイング買いを再開するツールとして、可変プロジェクトで作成した銘柄をその日の騰落率等で並べ替えるシンプルな仕組みを作ってみたが、なかなかいい感じ。さらにいくつかシグナルを加えて実用化の道を探りたい。

自動売買システム開発記(5/16)
前回書いたカラ売りシステムについては、RSSを利用したExcelブックを準備中。寄り前のシグナルを保存して、後でフォローする仕組みを考えているところ。

一方、これが導入されれば半ば封印状態のスイング買いを再開するつもり。すでに可変プロジェクトで作成した銘柄をその日の騰落率等で並べ替える仕組みを作っており、そこから持ち越しシグナルを作成してみたい。当面は裁量買いで効果を見極めるが、ここ数日の下落で買いたい銘柄がゾロゾロ出てきている。
新手法検討開始
現在は自動売買システムを利用したデイトレードが主体となっているが、かつてのスイングトレードスタイルにも関心が戻りつつある。ただこちらは買い専門なので、ここ数日のようなNY下落時への不安があって踏み切れないでいた。

先日偶然に以下のサイトを発見して、この考え方がスイング買いのヘッジになると考えた。
■デイトレ商い公開!ディーラーあがり ひろの株式投資日記
http://blogs.yahoo.co.jp/speculatrader/folder/1415943.html

そこで両者を自分なりに組み合わせて安定した成績が得られないか検討を進めていくことにしたい。
自動売買システム開発記(5/11)
D強化プロジェクト・・・連休後も手探り状態ながら順調に機能しており、成果はあがっている判断できる。当面このアプローチを続けるが、将来的にはここからの自動仕掛けも考えている(E作戦化)。

前回のKプロジェクトの項目で書いたように、両者が競合していたマシンを2台に分散したことにより、動作も安定してきた。ただまだ上限ギリギリに近い状態であることが多く、気が抜けない。
自動売買システム開発記(5/9)
Kプロジェクト・・・日々銘柄を自動的に入れ替える可変プロジェクトとして実践運用中。抽出される銘柄は400~500程度なので2ブックに分けているが、それぞれのPCで他のブックと合わせるとRSS上限の300銘柄を超えてしまうケースが散見されるようになった。そこでリストラを実施することにした。

対象マシンはInspiron5000#2。ここはかつてのEspresso#1で運用していた無人くん3号をメインに、旧無人くん1号や開発停止のブックなどが無駄に残っているのだが、無人くん3号以外はすべて廃止した。そこに上述の2ブックのうち1ブックを移管してみた。初日はやや混乱したものの、まずまず順調にいった。
自動売買システム開発記(5/7)
D強化プロジェクト・・・手動対応のD作戦を強化する目的で開発作業に取り組んでいる。既存の自動売買システムと同じプロセスで標準化して自動仕掛け一歩手前まで進める計画で、まだ途中ながら連休前にはその情報で仕掛けて成果をあげることができた。明日からも期待している。
先日の株式投資セミナーがDVD化
3月に¥塾(エンジュク)主催の株式投資セミナーの講師をさせていただいたのですが、そのセミナーがDVD化されて販売されることになりました。

現在実践している安定した成績が特長のデイトレード理論を説明した内容です。チャートを使った解説や、実際のトレード風景をビデオ撮影してその模様も流しています。ビデオまたはDVD(約180分)に資料テキスト1冊がついて、料金は25,200円(税込)となっています。

詳細・申込みは以下のバナーをクリックして進んでください。サンプル映像もご覧になれます。


投資資金1000万円で、毎月100万円を安定的に稼ぎ続けている

デイトレード連勝法セミナーDVD

妻子を養う専業暦5年のトレーダー。1日たったの1時間のトレードです。


詳細はこちら


また¥塾ではトレード技術の向上、およびパフォーマンスの向上を最大の目的とし、ブログ・レポート・会員限定勉強会を提供するトレーディング研究会という会があって、そこの4月より執筆講師をつとめていまるのですが、レベルの高い内容です。
自動売買システム開発記(5/1)
D強化プロジェクト・・・手動対応のD作戦を強化する目的で開発作業に取り組んでいる。既に作成してある銘柄リストの損益シミュレーション機能と同画面にて、仕掛け判定などの機能も盛り込んでみた。これを明日のザラ場で確認してみる。また損益シミュレーションの結果を時系列に自動保存していく機能も既存プログラムを利用して組み込んでみた。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。