新・自動売買システム開発記
オリジナル開発のトレード理論を公開した別冊宝島『デイトレーダー徳山秀樹式 月100万が自然と稼げる!株の完全自動売買』で紹介している主力の自動売買プログラムによるデイトレードシステムの改良版開発記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自動売買システム開発記(4/29)
D強化プロジェクト・・・手動対応のD作戦を強化する目的で、ゴールデンウィークを中心に開発作業に取り組んでいくつもりであるが、困るのがこうした時期にネット証券のメンテナンスが結構あること。平日は仕事やトレードで見れない人が、じっくり見たいというニーズも多いと思うのだが・・・。
スポンサーサイト

テーマ:株自動売買ソフト開発 - ジャンル:株式・投資・マネー

自動売買システム開発記(4/26)
D強化プロジェクト・・・手動対応のD作戦を強化する目的で、ゴールデンウィークを中心に開発作業に取り組んでいくつもりであるが、ベースとなる部分の作業に着手しており、指定した銘柄リストの損益シミュレーションを行なう機能が出来上がった。この画面を使って、仕掛け判定などの機能も盛り込んでいくつもり。
新規プロジェクト
新たにD強化プロジェクトというものを始める。手動対応のD作戦を強化する目的で、それを支援する材料を提供することを目指している。ゴールデンウィークを中心に開発作業に取り組んでいくつもり。
自動売買システム開発記(4/20)
K作戦・・・「可変くん」プロジェクト拡充で抽出銘柄を2ブックに分割して、2ブック2種類のシグナルのうち従来の無人くんシグナルを無人くん2号で取り込んで利用開始しているが、対象銘柄が一気に増えたことで優先順位がはっきりせずに使いこなせていない。本日は優先順位付けを見直したものの、プログラムの不具合からうまく動作せずに明日再トライすることにしている。
自動売買システム開発記(4/18)
K作戦・・・「可変くん」プロジェクト拡充で抽出銘柄を2ブックに分割して、2ブック2種類のシグナルのうち従来の無人くんシグナルを無人くん2号で利用開始しており、トラブルもなく順調に推移中。

ただ対象銘柄が一気に増えてしまって、やや持て余し気味。信用枠を超えてしまうのでどの銘柄を優先するかをきっちり考えないといけない。
自動売買システム開発記(4/16)
L作戦・・・5分足のテクニカル分析を新しい条件に見直して走らせているが、順調に動作している模様。但しそれによる自動売買の実践シミュレーションをするには至っておらず、可変プロジェクトに注力していることもあって作業は進んでいない。
自動売買システム開発記(4/14)
K作戦・・・「可変くん」プロジェクト拡充で抽出銘柄を2ブックに分割して、2ブック2種類のシグナルのうち従来の無人くんシグナルを無人くん2号で利用するためのプログラム改造を実施して、本日投入してみた。

秒単位のスケジュールで4台のPCをデータが行き交う相当複雑な仕組みであるが、細かいトラブルはあったものの何とか動作にこぎつけた。トラブルは追加プログラム呼び出し時の引数漏れという単純なミスと、指値@の計算ミスであるがいずれも即日修正済で週明けから本格運用開始を目指す。

自動売買システム開発記(4/13)
K作戦・・・「可変くん」プロジェクト拡充で抽出銘柄を2ブックに分割することに成功した。2ブック2種類のシグナルを有効に活用すべく検討を進めているが、秒単位のスケジュールで4台のPCをデータが行き交う相当複雑な仕組みとなりそう。
自動売買システム開発記(4/12)
K作戦・・・「可変くん」プロジェクト拡充に取り組んでいる。抽出銘柄が300銘柄前後でRSS上限を超えてしまうことがあるが、むしろもう少し範囲を拡大したかったので、抽出銘柄を2ブックに分割することにして本日その作業に成功した。これにより可能性が広がってくるので、精力的に取り組んでいきたい。
自動売買システム開発記(4/11)
K作戦・・・「可変くん」プロジェクトは開発をほぼ終え、運用目的のブログ(はてな)にて順調に運用中。

だが、そこでも無人売買システム運用記でも書いているように最近の仕掛け難がかなり深刻なので、このプロジェクトにもう少し頑張ってもらうことに。

具体的には現状の前場(H作戦)・後場(G作戦)の固定時刻での自動抽出・自動仕掛けに加えて、新たに任意の時刻にワンボタンで自動抽出・自動仕掛けをする追撃版をイメージしている。
自動売買システム開発記(4/9)
L作戦・・・現在は開発を中断しているものの5分足のテクニカル分析による自動売買が検証できる状態にして走らせているので、この条件を見直すことを考えていた。ところが数日前からこの処理がおかしくなっていたことが判明して早速修正した。比較的単純な原因だったと考えられるが、これを機に分析内容を見直して週明けから投入(シミュレーションのみ)してみる。
トレーディング研究会に参加します
以前案内した先日(3/26)デイトレードセミナーの講師をつとめた¥塾(エンジュク)に、会員制でトレード技術の向上、およびパフォーマンスの向上を最大の目的とし、ブログ・レポート・会員限定勉強会の提供を行なっているトレーディング研究会があって、今月からその執筆陣に加わることになった。

会員制の限定された内容なのでこれまで書けなかった内容に踏み込んでいくのはもちろんであるが、他の豪華執筆陣やハイレベルな会員の考え方に触れることが出来るのも魅力であり、現在こちらで取り組んでいる開発作業に貢献するさらなるレベルアップへのきっかけにしたい。

トレーディング研究会の詳細はこちら


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。