新・自動売買システム開発記
オリジナル開発のトレード理論を公開した別冊宝島『デイトレーダー徳山秀樹式 月100万が自然と稼げる!株の完全自動売買』で紹介している主力の自動売買プログラムによるデイトレードシステムの改良版開発記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自動売買システム開発記(3/31)
K作戦・・・「可変くん」プロジェクトにて自動売買用のデータを作成するプログラム作りを本格化して、昨日一気に実践導入してみたもののあえなく失敗。しかし原因は分かったので後場に再トライして動作成功にこぎつけた。このままうまく動くようなら開発目的の当ブログでの役目を終え、運用目的のブログ(はてな)に移管する。

ちなみに今朝も正常に動作して自動売買が実行された。
スポンサーサイト

テーマ:株自動売買ソフト開発 - ジャンル:株式・投資・マネー

自動売買システム開発記(3/29)
K作戦・・・引き続き「可変くん」プロジェクトに取り組んでいる。本日より自動売買用のデータを作成するプログラム作りに着手。

また現状では選定される銘柄が300~400銘柄に達することが多く、RSS上限の300銘柄を超えてしまうが、本日も約300銘柄強。絞り込みの指標追加を決定。
自動売買システム開発記(3/28)
K作戦・・・引き続き「可変くん」プロジェクトに取り組んでいる。引け後に自動的に抽出された銘柄の損益シミュレーションをするプログラムが完成して、データの蓄積を開始している。問題ないようなので、そろそろ内容を吟味して必要な調整をおこなっていきたい。

また現状では選定される銘柄が300~400銘柄に達することが多く、RSS上限の300銘柄を超えてしまうが、本日は約350銘柄。どうやってさらに絞り込むべきか思案している。
自動売買システム開発記(3/27)
K作戦・・・翌日の対象銘柄候補を都度選定する「可変くん」プロジェクトで、引け後の実践損益シミュレーションのプログラムがほぼOKとなり、データの蓄積を開始。今後これを続けて実力を見極め、必要な調整をおこなっていくつもり。

また現状では選定される銘柄が300~400銘柄に達することが多く、RSS上限の300銘柄を超えてしまうが、本日はかろうじて上限におさまっている。

自動売買システム開発記(3/25)
K作戦・・・翌日の対象銘柄候補を都度選定する「可変くん」プロジェクトに取り組んでいる。2種類のシグナルとG作戦を取り込むことにより大掛かりなものになっているが、既存の無人くんなどと同じ引け後の実践損益シミュレーションのプログラム作りに何とかメドがついた。今後これを続けて実力を見極めて、必要な調整をおこなっていく。

また現状では選定される銘柄が300~400銘柄に達することが多く、RSS上限の300銘柄を超えてしまう。これを減らすためにどんな条件を追加したらいいか思案している。
自動売買システム開発作業(3/23)
K作戦・・・昨日書いた通り、翌日の対象銘柄候補を都度選定する「可変くん」プロジェクトに取り組んでいる。2種類のシグナルとG作戦を取り込むことにより大掛かりなものになりつつあり、既存の無人くんなどと同じ引け後の実践損益シミュレーションのプログラム作りに四苦八苦している状況。
自動売買システム開発作業(3/22)
K作戦・・・既存システムの無人くん1号用ブックを改造して、手動仕掛けの使い勝手を良くする作業に取り組んでいるが、休みの間に一つの方向性を得て方針を少し変えた。

具体的には、前日のデータを整理する際に翌日の対象銘柄候補を選定するイメージで、都度銘柄候補が変化することからK作戦は「可変くん」と考える。頑張って本格的な枠組みを作ってみたが、まだ複数のブックを試行錯誤している状態であり、徐々に機能を絞り込んでいきたい。

G作戦・・・実践シミュレーションの結果が芳しくないので、上記K作戦に統合する前提で現実験を中止した。
自動開発システム開発作業(3/20)
K作戦・・・既存システムの無人くん1号用ブックを改造して、手動仕掛けの使い勝手を良くする作業に取り組んでいる。これを通じて今後の方向性をつかんでいきたい。
自動開発システム開発作業(3/17)
L作戦・・・既存銘柄と新銘柄の2ブックで蓄積している実践データを、先物の5分足比上下によって分類して集計中。順調にデータが蓄積されているが、得られたデータは全然ぱっとしない。

K作戦・・・既存システムの無人くん1号を間借りしているが、この使い勝手を良くして手動仕掛けに役立てるような作業に取り組んでいる。やや迷走気味だが、このまま試行錯誤を続けていく。
自動売買システム開発作業(3/15)
G作戦・・・8種類の仕掛け条件に基づき、それぞれ該当する銘柄を自動的にシートに振り分けて損益シミュレーションをするプログラムが完成して、週初から運用していたがプログラムのミスを発見。

RSS式によって得られた当日のデータを数値として引け後に転記しているのだが、誤ってRSS式のままコピーしていた。このため昨日までのデータは消失。本日分から改めてデータ蓄積開始。
自動売買システム開発作業(3/13)
G作戦・・・昨日の仕掛け条件(計8)に基づき、それぞれ該当する銘柄を自動的にシートに振り分けて損益シミュレーションをするプログラムがほぼ完成。

本日のデータでテストしてみたが、ベースとなる前週末データがメジャーSQという特殊要因となっているため基本的に使えない。明日からの分でデータ蓄積を開始する予定。
新たな取り組み
はてなに書いた通り多銘柄同時仕掛け型の新たな取り組みG作戦の実践損益シミュレーションを開始したい。具体的な考え方は以下の通り。

・200~300の固定銘柄を対象(当面は仮に日経225採用銘柄とする)
・仕掛けは前引けまたは後場寄りを想定
・それぞれについて以下の条件を満たす10銘柄を自動仕掛け
(1)騰落率上位で出来高前日比が一定以上を順張り買い仕掛け
(2)騰落率上位で出来高前日比が一定以下を逆張り売り仕掛け
(3)騰落率下位で出来高前日比が一定以上を順張り売り仕掛け
(4)騰落率下位で出来高前日比が一定以下を逆張り買い仕掛け
・仕掛けた銘柄を自動監視してL/C判定、OKなら大引け決済
・これらの成績を日々自動集計してデータを蓄積する(HTMLテーブル)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。