新・自動売買システム開発記
オリジナル開発のトレード理論を公開した別冊宝島『デイトレーダー徳山秀樹式 月100万が自然と稼げる!株の完全自動売買』で紹介している主力の自動売買プログラムによるデイトレードシステムの改良版開発記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
値動きを一定間隔で記録
第一歩として監視する各銘柄の値動きを一定間隔でExcelシートに記録する仕組み作りに着手した。これは既存の自動売買システム開発・運用記の即決くんの改良用に考えているものであるが、それをこちらにも転用することを計画。

既存システムの改良なので、なかなかペースが上がらないが着実に進めていきたい。
スポンサーサイト

テーマ:株自動売買ソフト開発 - ジャンル:株式・投資・マネー

【重要】現状を踏まえた新システムのコンセプト検討
ライブドア・ショックなどで株式市場が大きく変動する中でそれなりの利益をあげることが出来たが、それも落ち着いてきた。それを通じて現行システムの長所・短所などが明らかになってきたので、それをベースに新システムのコンセプトを再検討してみたい。

無人くん
高ければ売り、安ければ買い、という典型的な逆張り型デイトレード。このため1日の相場展開としては、寄り天または寄り底が最も有効であり、逆に一直線の展開は不利。

また売り建ても買い建ても正反対の条件で仕掛け・決済をするルールであるが、成績は売り建ての方が劣る。これは「買いが買いを呼ぶ」パターンが売りに比べて多いためと推測。

即決くん
無人くんの短所を補うために開発した順張り型デイトレードで、無人くんの裏をついてきた銘柄を狙うルール。

したがって一直線の相場展開で効果を発揮するが、途中で反転してしまう相場は不利。大まかなコンセプトはいいと思うが、自動売買での利用を前提とするため細かい条件設定で四苦八苦している状況。

新システム案
基本的に全体相場の流れに逆らわない向きで、勢いのついた銘柄に乗りたいと考えている。つまり即決くんに近いコンセプト。乗るポイントをどの位置に設定するかという点と、トレンド判定を具体的にどうするかという点で悩んでいる。これらを具体化するのが急務。
現在の進捗状況
今日の市場はライブドア・ショックに見舞われるなど散々だったが、東証1部銘柄を主対象に堅実さが特長の従来の自動売買システムは影響がなく、むしろ好調な成績となっている。

そうしたこともあり、新システムの開発は正直あまり進んでいない。さらにこのライブドア・ショックで新興銘柄への挑戦にやや腰が引けてしまうかもしれない。とはいえ、シミュレーションを進めるのだけはドンドンやっていきたい。

現在のところ念頭に置いているのは無人くんの逆ルール、すなわち即決くんをベースにしたモデル。このデータをしばらく蓄積してみる予定。
うり坊さんの講演会に行ってきました
昨日は¥塾(エンジュク)主催のセミナーに参加してきました。以前に株式投資関連商品おすすめブログで紹介した注目セミナーで、講師はあの「うり坊」さんです。

うり坊さんは100万円の投資資金を短期間で1億円にまで殖やしたことで注目されていましたが、その投資法が聞けるとあって会場は満員の盛況でした。特に質疑応答はハイレベルな内容で、参加者のレベルの高さとともに、うり坊さんの誠実な対応が印象に残りました。現在の自分のアプローチと重なる部分もあるので、これを進めていこうと思いを新たにするなど大変有意義な1日でした。

うり坊さんの現在のブログと関連書籍です。


うり坊式デイトレ最強の法則―誰でも最初は初心者!コツを覚えれば必ず稼げる!
一時中断
既存システムの改良やトラブルなどで新システム関連は中断を余儀なくされている。落ち着くまで細々とデータの蓄積だけ続けていくつもり。
テスト
チャート分析用テスト

2347(1/6)

上手くいかない
今日も思ったように動かないうえに、既存の自動売買システムとの競合も懸念される事態になり、マシンを移してテストを実行せざるを得ない状況となっている。既存システム優先なので仕方のないところ。
本日の作業(1/4)
年末年始に選定した80銘柄を搭載しての初日。しかし仕掛け判定をせずに抜ける昨年末のプログラム設定を変更していなかったので、何も意味のない1日(半日)となった。とりあえず同マシンでの既存システムに影響がないことは再確認できたので、明日からは自動仕掛け&決済判定のデータをログに蓄積していく予定。
新ツールをアップ
新銘柄選定作業は完了。昨日書いたYahoo!ファイナンスの日中足チャートを活用して、選定した銘柄をHTML登録しておいて日々動きを確認できるツールも完成して下記URLにてアップした。

日中足チャート小 http://home.cilas.net/chieru/tokuyama/chart1b.html
日中足チャート大 http://home.cilas.net/chieru/tokuyama/chart1d.html

10~50万円台の銘柄を中心に選んでいるのだが、前にも書いた通り1000分の1表記にしているので、100~500円台の銘柄と同じ感覚。だが多くの銘柄で値幅が10、つまり1万円以内にとどまっており、とてもハイリスクといえるほどの値動きがないなという印象。やはりある程度出来高が盛り上がる等の条件がないと値幅が出てこないようだ。
新ツールを準備
昨日から具体的な銘柄選定作業に入っている。これまでの条件だと思ったより少ないので、それほど迷うことなく規定の1セット80銘柄が決まる見通し。

なにしろ殆どが取引したことがない銘柄なので値動きの感覚をつかむ必要があると考え、新しいツールを準備することにした。それはYahoo!ファイナンスの日中足チャートを活用して、選定した銘柄をHTML登録しておいて日々動きを確認するようにするアイデア。入れ替えと違い全80銘柄の登録は結構面倒な作業であるが、大発会までには間に合うように準備したい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。