新・自動売買システム開発記
オリジナル開発のトレード理論を公開した別冊宝島『デイトレーダー徳山秀樹式 月100万が自然と稼げる!株の完全自動売買』で紹介している主力の自動売買プログラムによるデイトレードシステムの改良版開発記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北京のホテルで無人売買監視
3月の三連休を利用して中国・北京を旅行してきた。好天に恵まれて満喫できたが、戻り基調の相場を離れるのが惜しかったので、久しぶりに無人売買(自動売買)システムを動かしてみた。

時差の大きな欧米と違って中国なら時差もあまりなく、しかも北京のホテルならインターネット接続も問題ないだろうから監視やチェックも可能と考えて実行に移した。

宿泊したのは北京新世界酒店(New World Hotel Beijing)で、事前の情報で無線LAN接続が可能とのことだったので、これまであまり活躍機会のなかったDELLのミニノートPCを始めて海外に持参したが軽いので持ち運びも苦にならなかった。

ホテルに到着して早速ネット接続をトライしてみた。すると無線接続時にユーザーIDとパスワードを要求されたので、何を入力すればいいのか電話でスタッフに聞いてみた。すると何故か「ブロードバンド」と連呼するので机まわりを見ると、有線LANの接続口があった。どうやらこれで繋げということのようだ。

こういうこともあろうと短いLANケーブルを持参していたので、それで接続したところ無事に繋がった。最初の画面で確か1日40元と表示されたので、同意して先に進んだ。40元は約600円なので安くはないなと思ったが、2日目以降はその画面は出てこなかった。計3日間使ってチェックアウト時に料金を確認すると40元だったので支払ったが、結局一回の宿泊で40元ということだったのだろうか?

留守宅の無人売買は今回スイング専用だったが問題なく動き、今回の旅費を上回る利益をもたらしてくれた。相場環境が良かったためだが、これなら今後も機会があれば十分使っていける手応えを感じた。

北京・新世界酒店2
北京・新世界酒店1


スポンサーサイト

テーマ:株自動売買ソフト開発 - ジャンル:株式・投資・マネー

欧州旅行記【ローマ編(3)】
今回のヨーロッパ旅行もいよいよ最終日となったが、出発は夜なので昼間は終日フリー。そこでローマ近郊の話題のアウトレットモールに行ってみた。

欧州旅行記【ローマ編(2)】
ヨーロッパ旅行の最終訪問地ローマの2日目は、早朝に出発してのバチカン観光から始まった。

欧州旅行記【ローマ編(1)】
2泊したパリから最終目的地のローマに空路移動した。

欧州旅行記【パリ編(4)】
パリ3日目は午前中にベルサイユ宮殿を観光して、午後には空路ローマに移動するスケジュールであった。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。